低設定のレバレッジリスクで回避する


FXは簡単だと思われていますが、誰にでも無条件でできるような投資スタイルではありません。取引をする目的や深い知識、投資方法、資産の状況、財務計画といった目的によってメリットが変化してくるのです。
同じようにレバレッジが便利だと感じる感覚も個人によって違います。主に個人のステータスや投資方法による影響によって違ってきます。口座に余分なお金がないのに全財産をFXに投資してしまうようだと、何かの拍子にすぐ取引が終わってしまいます。

oiuarwer2 短期トレードに向いているのは高レバレッジで、長期トレードでは高いレバレッジは使いません。使う幅は3%から10%ほどで、損をしてもそんなに大きい損にならない範囲で使うのです。また、長期トレードは数ヶ月後の未来がわからない状況です。そのような状態で高レバレッジで高額になったお金をそのままにしておくのは相当危険なことです。一番良いのは短期トレードにおいて1日の値動きで少しずつ利益確定をしていくことこそがレバレッジ活用の極意と言えるでしょう。

24時間で見ると、最大3円、1円の値動きでも大きく感じる値幅しか変動はありません。例えば、現在の1ドルが100円とすると、99円50銭~100円50銭の間で超短期トレードをします。そして予想が外れたらすぐに損切りをすることで、大きな損をせずに済みます。
高レバレッジで取引をしているときには「いつか戻ってくる」という予想は立てないようにしましょう。予想が外れた時点で後の予想も外れる可能性のほうが高いのですから。

・複数講座で電子取引リスクを回避
FXの取引は主にネット上が舞台です。そのため、デイトレードをしている最中で誤った入力をしてしまったりというミスが発生することがあります。キーボードの打ち間違いというやつです。そしてそのまま決定キーを押してしまい、気づいてもミスが取り戻せないという事態に発展します。希望通りに注文できずに、自分の希望以外の注文が発生しますので、必ず手元と画面を確認しながら確認をするようにしてください。

また、現在は安全度が高いのですが、それでも意識しなければならないのがセキュリティの問題です。ログインIDやパスワードを厳重に管理するのは当然のこととして、口座番号、メールアドレスなどを第三者に知られることのないように、外付けのハードディスクを買い、その中にさらにセキュリティ付きのフォルダを作り、プログラムのメモ帳に記録して保存しておくぐらいのことはしておいても良いでしょう。
FXのシステム上でシステムダウンを起こし、取引ができなくなることもあるので注意が必要です。といっても大手のサーバー稼働率は99.9.%以上なので滅多なことではサーバーダウンなどしませんが、アクセスが集中することで取引の遅延が起きたり停止したりといったことは実際に起こったことです。

むしろ、会社側のシステムよりも自宅のパソコンとネット回線のほうがダメになるケースのほうが考えられますので、IFO注文などをして大きな損失を起こさないようにすることが大切です。さらにスリッページも無視できない問題です。為替レートは基本的に急激に増減することがあるため、希望したレートよりもすべることがあるので注意が必要です。例えば「1ドル=100.003円」のビットが、タイムラグにより99.993円になることがあったりします。これを完全にゼロにするのは無理なので、許容範囲を設定できるFX会社を選ぶことが重要です。



メニュー


今年は数年ぶりにFXブームが到
来しています。それはテレビやネットの広告を見ていても分かります。そしてFXは投資家でない主婦など
投資初心者の人が資産運用として
始められる方が多いです。

それはなぜかというと、FXは株取
引等とは違って投資の素人でも利
益を出しやすいからだと思います。それは投資家でもない私でも割と
簡単に利益を出せた事からもわか
ります。ですからFXは投資に興味
がある人におすすめの資産運用の
手段のひとつです。


oiuoirewur