数分から数時間の内に購入から売却までを済ます


日本国内のFX取引で、人気の通貨は米ドルとユーロです。今回は、この2つ以外のFXで売買されるメジャー通貨についてのお話です。

上記2つの通貨についで人気が高いのは、豪ドルとNZドルです。これら2つの通貨は、金利が高いのが特徴であり、人気の理由です。またこの2つは、非常に似た値動きをすることでも知られています。この2つの国の金利が高いのは、両国が資源輸出国であることが理由です。経済も安定的に成長しており、GDPがいきなり下がるという可能性もあまり高くありません。現実として過去20年間、オーストラリアやニュージーランドを始めとする資源輸出国は、通貨高を続けていて、それはこれ以降も続くと見られています。

hlrser FXにおいて豪ドルとNXドルの人気が高い最大の理由は、高金利によるスワップポイントです。スワップポイントで利益を挙げるには、高金利で、経済が順調に安定して成長しており、政治的にも安定している国の通貨で運用するのが第一です。その点この両国は、これらの条件が揃っていると言えるでしょう。また資源輸出国で高金利の国としては、他に南アフリカがあり、南アフリカランドも注目の通貨の1つです。

またもう1つの人気の通貨といえば、英ポンドです。英ポンドは世界3大金融センターの1つであるロンドン取引所での取引が中心になります。イギリスは20世紀後半からは金融立国であり、リーマンショックが世界中を恐怖に陥れる前の2007年頃までは、経済的にも安定していました。しかしそれ以降は、失業率も高くなり、金融に関してもかつての勢いは感じられません。またEUが統一通貨としてユーロを運用したこともあり、英ポンドの存在感は以前より薄くなっているのが現実です。現在の見方としては、英ポンドという通貨自体の役目はあまりなく、イギリス国内の通貨として使われる以外では、もっぱら投機的な目的で運用されています。その結果として英ポンドの為替変動は、メジャー通貨と呼ばれる中では激しい方で、積極的な運用を好むFXトレーダーには、それ故人気となっています。

出典: Fエックス.com

カナダも原油や貴金属の輸出国であり、経済的にも安定している国の1つです。政治的な混乱とも無縁の国と言って良いでしょう。そのためその国の通貨であるカナダドルも、比較的安心して運用できる通貨の1つです。しかし米国と接しているという地理的要因もあり、米国への輸出の依存度が高く、米国経済の影響をモロに受けるという弱点も持っています。またFX取引においては、比較的スプレッドが広いことも弱点といえるでしょう。

ヨーロッパに位置しながら、EUにもユーロにも加盟せずに、独自の金融政策を撮り続けているのがスイスフランです。日本と同様に、以前から低金利であるスイスフランは、普段は値動きが小さい通貨です。しかし世界を揺るがす大問題が発生した時には、リスクヘッジ先として大量に買われることがあります。経済規模は大したことがないスイスの通貨が、メジャー通貨としてそのように運用されるのは、国家の信用力が高いからだと言われています。しかし経済が輸出に頼っている面もあり、スイスフラン高が行き過ぎると、為替介入をして為替レートを調整します。したがって、スイスフラン高が起こっても、それは一時的なものになります。

近年、経済発展が著しいのが南アフリカです。資源の輸出とともに工業生産なども伸びており、GDPも順調に推移しています。リーマンショック後も比較的高金利を続けており、現在でも5%前後の金利で推移しています。スワップポイント狙いとしては、悪くない通貨がこの南アフリカランドですが、時に急激な暴落があったり、スプレッドが広いことには注意が必要です。



メニュー


今年は数年ぶりにFXブームが到
来しています。それはテレビやネットの広告を見ていても分かります。そしてFXは投資家でない主婦など
投資初心者の人が資産運用として
始められる方が多いです。

それはなぜかというと、FXは株取
引等とは違って投資の素人でも利
益を出しやすいからだと思います。それは投資家でもない私でも割と
簡単に利益を出せた事からもわか
ります。ですからFXは投資に興味
がある人におすすめの資産運用の
手段のひとつです。


oiuoirewur